肌質セルフチェック

肌タイプ別のスキンケア方法と、洗顔後に出来るセルフ肌質チェック!

皆さんは、自分の肌をどれ程理解していますか?

美しい肌を作るにはまず自分の肌タイプを知っておきたいですよね。

肌タイプによってスキンケアの方法も変わってきます。

もし自分の肌質を勘違いしていると、間違ったスキンケアで肌トラブルが起きてしまう可能性があります。

今回は「肌タイプ別のスキンケア方法と、洗顔後に出来るセルフ肌質チェック」をご紹介します。

肌タイプは5つに分けられる

 

肌のタイプは単純に乾燥肌と脂性肌(オイリースキン)だけではありません。

基本的な肌のタイプは5つに分けられます。

肌質は角質層の水分量と、それを覆う皮脂量のバランスによって違いが出てきます。

普通肌

水分と油分の量が丁度良いバランスの肌が普通肌です。

多すぎず少なすぎず、どちらかに偏っていないので、肌トラブルも起こりにくい肌質です。

・普通肌の正しいスキンケア

基本的にお肌の水分と油分のバランスが取れている普通肌。

普通肌の場合は、あまり基礎化粧品選びに制限はありません。

品質の良いものを好みに合わせて選ぶと良いでしょう。

乾燥を感じる場合には保湿を念入りにするなど、お肌の変化を観察してあげてください。

乾燥肌

 

女性肌

水分、油分がともに少ない乾燥肌。

油分量が少ないため、バリア機能が低下しやすいので、肌荒れしやすい傾向にあります。

お肌の表面がカサカサしたり、痒みがある場合は乾燥肌であることが多いでしょう。

・乾燥肌の正しいスキンケア

乾燥肌は、肌の水分、油分ともに不足している状態。

肌のバリア機能を担う角質層の水分と潤いが減少することで、さらに乾燥が進行していきます。

乾燥肌の場合は、保湿・保水成分を含む化粧水を選ぶのがポイントです。

「ヒアルロン酸」や「セラミド」などの潤い成分に注目して選びましょう。

また、化粧水で補った水分をキープするために、適度に油分を含む乳液やクリームをしっかりと使用することも大切です。

脂性肌(オイリースキン)

乾燥肌とは反対に水分量、皮脂量ともに多いのが脂性肌(オイリースキン)です。

特徴は、テカりやすい、メイク崩れが起きる、ニキビが出来やすいなど、皮脂によるデメリットが現れてしまいがちです。

表面はベタつきがあっても肌内部は水分が不足したインナードライの状態である場合も多く、肌内部の水分バランスの乱れから皮脂が過剰に分泌されている可能性もあります。

・季節性の脂性肌もある

また、脂性肌は季節の影響を受けている可能性もあります。

夏は汗の分泌量が増えるので、皮脂の分泌も増えることになります。

冬の寒い時期には乾燥を感じやすい肌質の人がいるように、暑い時期にだけ脂性肌に傾くこともあります。

・脂性肌の正しいスキンケア

脂性肌は、皮脂の分泌が過剰になっていることで肌の油分が多くなっている状態です。

テカリや化粧崩れなどが起こりやすく、過剰な皮脂による毛穴詰まりや、それが原因のニキビなどの肌トラブルが生じやすいのが特徴。

脂性肌の場合は、皮脂分泌をコントロールするさっぱりしたタイプの化粧水を選びましょう。

そして、水分はたっぷりと補給することがポイントです。

さらに、テカリが気になるからと乳液やクリームを避けがちですが、これは間違ったケアになります。

油分控えめの軽いタイプの乳液などで水分蒸発を防ぐのが過剰な皮脂の分泌を抑えるコツです。

 

顔のテカリに関してはこちらの記事を参考にしてみてください。

顔のテカリが気になる!過剰な皮脂の原因と改善方法をお教えします。

混合肌

 

肌質

実は日本人に一番多いと言われている混合肌。

Tゾーンなどは皮脂が多く、頬などはカサつくタイプです。

バリア機能が低下しがちで、肌質をコントロールしにくいという難点があります。

・混合肌の正しいスキンケア

混合肌の原因は基本的に肌が乾燥していること。

乾燥肌の場合と同じように、ヒアルロン酸やセラミドなど保湿・保水成分を含む化粧水を選ぶようにしましょう。

また、乳液やクリームもしっかりと使用してください。

ただし、Tゾーンなどテカリが気になる部分については使用量を抑えるなどの工夫を取り入れると良いですよ。

敏感肌

顔に化粧品を塗った後や洗顔した後に、チクチクしたりヒリヒリ焼けるように感じる、お肌がつっぱる感じがするけど、目に見える症状が特に見られない状態が敏感肌。

体調の変化やストレス、冷暖房などの環境、花粉などの季節的要因に敏感に反応して、トラブルが生じやすいお肌です。

・敏感肌の正しいスキンケア

敏感肌は基本的には乾燥肌と同じで、バリア機能が低下し、外部の刺激に弱くなっている状態です。

肌のバリア機能を担う角質層の潤いが失われることで、ちょっとした刺激にもダメージを受けやすくなってしまうのです。

敏感肌の改善にも肌の保湿が重要なのですが、敏感肌の場合は化粧品の成分にも刺激を感じやすくなっています。

基礎化粧品を選ぶ際は、敏感肌用の低刺激なアイテムを使用するのがおすすめです。

【肌質チェック】自分の肌はどのタイプ?

 

肌荒れ

自分の肌タイプが分からない方のために、簡単な肌質チェックをご紹介します。

  1. まずは洗顔料で洗顔をしましょう。
  2. 洗顔後、何もつけずに10~15分待ちます。
  3. お肌の状態をチェックしてみましょう。

以下が診断結果です。

  • 顔全体がカサカサしている…乾燥肌
  • カサつきも無く、テカリもない…普通肌
  • 顔全体がうっすらとテカっている…脂性肌(オイリー肌)
  • カサついている部分と、テカっている部分がある…混合肌
  • ピリピリとした刺激がある…敏感肌

また、洗顔後にタオルで水分を拭き取った後、どの位でツッパリを感じなくなるのかも判断材料の一つになります。

普通肌の場合は30分以内でツッパリ感は無くなります。

脂性肌の場合はもう少し早い20分程度。

乾燥肌の場合は40分程度になります。

混合肌の場合は、肌質の特徴と同様に顔のパーツによって差を感じるでしょう。

簡単に出来るセルフチェックは就寝前の時間がある時に試してみてくださいね。

まとめ

 

セルフチェック

いかがでしたか?

自分の肌質を知らずに、CMや雑誌広告のイメージだけでスキンケアアイテムを選んでいた方も少なくないと思います。

自分に合ったスキンケアを見つけるには、まず自分の肌質を知ることから始めましょう。

肌質とは、基本的に

  • 普通肌
  • 乾燥肌
  • 脂性肌
  • 混合肌
  • 敏感肌

がありますが、「混合肌だと思っていたけど、実はインナードライ肌だった」というケースもあり得ます。

今回ご紹介した肌質診断で自分の肌質を知り、お肌に合ったスキンケアをしましょう。

 

その他スキンケアについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

毛穴の開きを小さくするために今日から出来る方法をご紹介します!!

【目の下のクマを消す方法】寝不足だけが原因じゃない種類別クマ対策

>NOTOMANIA8(ノトマニア8) メンズオールインワン美容液

NOTOMANIA8(ノトマニア8) メンズオールインワン美容液

辛口批評で有名な本格検証雑誌「MONOQLO」で
2019年ベストバイオブザイヤー受賞!!
計375時間にわたる専門家による成分や保湿力の検証を経て
圧倒的1位に輝く!!
男性肌の特徴・生活習慣による肌ダメージを徹底的に研究し
【使用感・原料・容器】
すべてにこだわりぬいた結果
たどり着いた答えがNOTOMANIA8(ノトマニア8)
プラセンタ・EGF・FGFなど40種類以上の保湿美容液成分を
たっぷりと配合する事により、男性肌に必要不可欠な
【保湿・ハリツヤ補給・整肌・エイジングケア】
これらを1本で全てカバー!!
濃密な成分がたっぷりと入った保湿美容液なのに
付け心地の良いサラサラの使用感で
ベタつかずにしっとり長持ち!

CTR IMG