【メイクを落とさず寝てしまった!!】次の日にするべき対処法とは?

忙しい日が続いたり夜遅く帰ってきたりした日は、メイクをしたまま寝てしまうこともありますよね?

翌日、「あぁ、やってしまった…」と何とも言えない後悔…。

肌に悪いと分かっていながらも、疲れや眠気に負けてしまうこともあると思います。

メイクしたまま寝ることは不潔なだけでなく、肌にとって非常に危険な行為。

そこで今回は、メイクを落とし忘れて寝てしまった時のリスクと、次の日にするべき対処法をご紹介したいと思います。

メイクしたまま寝ると起こる肌へのリスク

 

メイクをしたまま寝る肌へのリスク

 

メイクを落とさずに寝るのは、汚れた雑巾を顔にのせているのと同じくらい汚い。」や、「5歳老ける。」、「3ヵ月分のお手入れが無駄になる。」という話を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

「1日くらいは大丈夫かな?」と思ってしまいがちですが、メイクをしたまま寝ることは不潔なだけでなく、とても危険な行為なのです。

「ニキビ」ができやすくなる

ファンデーションなどのベースメイクと「肌の皮脂」「空気中のチリやホコリ」が合わさり、それを肌にのせたまま寝ることで肌に負担がかかり、肌荒れ、ニキビの原因となります。

ターンオーバーも乱れてしまうので、肌荒れも治りにくくなります。

「皮脂」や「汗」は顔ダニの大好物?皮膚炎や痒みも

メイクを落とさずに寝ると、ベースメイクだけでなく「皮脂」や「」も肌に残った状態になります。

ベースメイクと「皮脂」や「」を肌に残したまま寝ると、それを餌に顔ダニが増殖します。

顔ダニは「ほぼ100%の人の肌に存在」しており、本来は古い角質などを食べて、肌を綺麗に保ってくれるものですが、増殖すると皮膚炎や痒みの原因になります。

ゴワつき・くすみの原因に

メイクの油分や1日を過ごして分泌した皮脂は、肌の上で酸化します(特に皮脂は天然の油分なので酸化しやすい)。

酸化」した油分は肌にとって刺激物となり、肌表面の角層が厚くなって「ゴワつき」や「くすみ」が発生します。

防腐剤や着色料が「肌荒れ」や「色素沈着」の原因にも

化粧品の品質を維持して長く使えるように含まれる「防腐剤」ですが、肌に長時間つけることは良くありません。

肌荒れやアレルギーの原因になってしまうこともあります。

また、皮膚の薄い目元や唇に「着色料」がついたものを長時間塗ったままにしていると、負担になるだけでなく色素沈着の原因にもなってしまいます。

メイクを落とし忘れた次の日の対処法

 

メイクを落とし忘れた時の対処

 

良くないと分かっていても、化粧を落とさずに寝てしまった次の日は、どう対処したら良いのでしょうか?

ここでは、出来るだけ早く元の肌を取り戻すための対処法をご紹介します。

まずは丁寧に「クレンジング・洗顔」をしよう

まずは、いつもよりしっかり「クレンジング」と「洗顔」をしましょう。

通常より少し多めのクレンジング料で、こすらず丁寧に肌へ馴染ませてください。

汚れが溜まりやすい小鼻やあご先などの部分は、特に念入りにクレンジングしましょう。

クレンジングをぬるま湯で洗い流したら、洗顔料をしっかり泡立て、泡を肌の上で転がすようなイメージで顔全体を優しく洗い上げるのがポイントです。

洗顔の前にお風呂に入って体を温めると、毛穴が柔かくなり汚れも取れやすくなります。

「蒸しタオル」で肌を温めて毛穴を柔らかくする

また、お風呂に入るのと同様に、温めることで毛穴を柔らかくすることが出来ます。

そこで有効になってくるものが「蒸しタオル」。

メイクを落とさずに寝てしまうと、メイクと肌の密着度が高くなっている状態のため、毛穴を開いて汚れをしっかり取ってあげることが重要です。

蒸しタオルは、水で濡らしたタオルをレンジで約30~40秒温めるだけで簡単に作ることが出来ます。

スキンケアの始めに「ブースター」をプラス

メイクをしっかり落としたら、ここからは「保湿」をしっかりして、お肌のコンディションを復活させる工程へ移ります。

まずスキンケアの始めにブースター(導入液)を取り入れることで、その後に続けるスキンケアアイテムがお肌に馴染みやすくなります。

おすすめのブースター

・innisfree(イニスフリー)グリーンティーシード セラム

グリーンティーシードセラム

出典:innisfree

保湿効果に優れた16種類のアミノ酸やミネラルが含まれた茶葉エキスで、潤い肌へと導きます。

次のスキンケア効果を高めるブースターセラムです。

コットンを使ってたっぷり「保湿」

メイクしたまま長時間経過したお肌は、普段よりも乾燥した状態になっているため、化粧水や乳液を使った「保湿」はとにかく入念に。

コットンを使い、何度かに分けてたっぷり化粧水を馴染ませてあげましょう。

また、化粧水を染み込ませたコットンでパックをするのもおすすめです。

コットンパックは長時間貼り続けると逆に肌が乾燥してしまうため、3分くらいを目安に行ってください。

保湿後は、クリームや乳液などを使って油分も補いましょう。

翌日のメイクは「負担の少ないもの」にする

コンディションを整えたお肌は、できることならメイクはしないのが理想です。

しかし仕事や学校、イベントの予定が入っていてはそうはいかないと思います。。

そこで、お肌にできるだけ負担をかけないよう、ミネラルコスメを取り入れてみるのもおすすめです。

おすすめのミネラルコスメ

・ETVOS(エトヴォス)ミネラルCCクリーム

出典:ETVOS

1本で5役の多機能CCクリーム。

肌負担が少なく、気になる毛穴の凸凹もナチュラルにカバーしてくれます。

体の内側から「ビタミン・水分補給」をする

外側だけでなく、体の内側からのケアも大切です。

肌に良いコラーゲンの合成を高め、色素沈着を防ぐビタミンCや、細胞の再生や成長を促進するビタミンB2、健康な皮膚や髪の毛を造り、成長・代謝を促すビタミンB6を意識して摂取しましょう。

豚肉や卵、納豆、バナナ、パプリカなどの食品を取り入れるか、サプリメントで補うのもおすすめです。

どうしても疲れていてすぐに寝たい場合は…

 

メイクしたまま寝る

 

ダブル洗顔ができないほど体が疲れてしまっている場合は、洗顔では油分が落ち切らない可能性があるので、クレンジングだけでも行うようにしましょう。

睡眠は美肌のためにとても重要ですが、3分だけ削って、クレンジングしてから寝ましょう。

もしくは、手軽な拭き取りタイプのメイク落としをベッドの脇に置いておくのも良いでしょう。

そして、翌朝しっかり洗ってください

気絶して寝てしまうのは、1ヵ月に1回までに留めておきたいところです。

おすすめのクレンジングアイテム

・chant a charm(チャントアチャーム) クレンジングミルク

出典:chantacharm

ダブル洗顔不要、水系の汚れからハードメイクまでしっかり落とせるオーガニックのクレンジングミルク。

汚れをきちんと落としながらも、しっとりとした洗い上り。

まとめ

 

 

疲れた日はついついメイクを落とさずに寝てしまいがちですが、お肌には恐ろしいダメージが…。

今回はそのリスクや、万が一メイクをしたまま寝てしまった場合の対処法について紹介してきました。

しかし、疲れていてもメイクを落としてから寝るという意識は持っていてくださいね。

少し面倒でも、その日のメイクはその日のうちに落としてお肌をいたわりましょう。

>NOTOMANIA8(ノトマニア8) メンズ オールインワン 美容液

NOTOMANIA8(ノトマニア8) メンズ オールインワン 美容液

辛口批評で有名な本格検証雑誌「MONOQLO」で
2019年ベストバイオブザイヤー受賞!!
計375時間にわたる専門家による成分や保湿力の検証を経て
圧倒的1位に輝く!!
男性肌の特徴・生活習慣による肌老化を徹底的に研究し
【使用感・原料・容器】
すべてにこだわりぬいた結果
たどり着いた答えがNOTOMANIA8(ノトマニア8)
プラセンタ・EGF・FGFなど40種類以上の保湿美容液成分を
たっぷりと配合する事により、男性肌に必要不可欠な
【保湿・ハリツヤ補給・整肌・エイジングケア】
これらを1本で全てカバー!!
濃密な成分がたっぷりと入った保湿美容液なのに
付け心地の良いサラサラの使用感で
ベタつかずにしっとり長持ち!

CTR IMG