リップクリーム

唇がカサカサして痛い!リップクリームを何回も塗るのはダメなの!?

寒い季節は空気も乾燥していて唇もカサカサ…

でも、唇の荒れが気になるのは、意外と秋冬の乾燥シーズンだけではなかったりしませんか?

唇が荒れてしまうと、印象が健康的に見えなかったり、口紅がキレイに塗れないので、悩んでしまう人も多いと思います。

もしかすると、唇が荒れているのは、普段のリップケアやリップメイクで間違ったことをしているからかもしれません。

日頃からしっかりリップケアして唇の荒れを防ぎ、ぷるぷるのリップをキープしたいですよね?

今回は、唇が荒れる原因をお伝えするとともに「おすすめの唇荒れ対策&改善方法、間違ったリップケア」をご紹介します。

唇が荒れてしまう原因は?

 

唇

そもそも唇は肌よりもとても乾燥しやすく、敏感です。

なぜなら唇は角質層が極めて薄く、皮脂膜も無く、保湿機能やバリア機能が低いためです。

そんな弱い部分が荒れてしまうのには、次の要因が挙げられます。

乾燥

周りの空気が乾燥していると、その構造上、唇からすぐに水分が奪われていきます。

  • エアコン
  • ストーブなどの暖房器具
  • 湿度の低下

これらは特に年中を通して、唇の乾燥に大きく関係しています。

冬に限らず唇がカサカサになるのはそのせいだったんですね。

また、唇を舐める癖や口呼吸の癖がある場合、唾液が蒸発する際に唇の水分を奪っていくので、乾燥を加速させてしまいます。

乾燥した角質層は徐々に厚くなり、ひび割れや皮剥けとなどのトラブルとなって現れるのです。

摩擦

  • メイクを落とす時にゴシゴシ強く擦る
  • うつ伏せで寝ていたり、寝返りの際に布団や枕で擦れる
  • マスクで擦れる

というように、普段唇を擦るようなクセが無かったとしても、日常生活の中で知らずのうちに擦ってしまうということも少なくありません。

水分不足

 

水分

唇の乾燥は体内の水分不足も関係してきます。

水分不足は皮膚の乾燥を引き起こすと言われていますが、唇も同じ。

冬は、夏に比べて水分補給をする回数が減りがちになるため、体内の水分が不足しやすく、唇が乾燥しやすくなってしまうことがあります。

リップや口紅の成分

使用しているリップや口紅の成分が合っていない可能性もあります。

もし現在使っているもので、唇が乾燥したり荒れることがある場合は、1度使うものを見直す必要があります。

また、口紅から水分が出てきていたり、白くなっている箇所を見つけた場合は、口紅が古くなっている証拠なので、もったいなくても捨てましょう。

日頃から出来るリップケアの方法

 

リップケア

お肌と同じように、唇も一度荒れてしまうとすぐに治すのは難しいですよね。

唇が荒れてしまわないように、日頃からケアをしていきましょう。

まずはリップクリームを

唇の乾燥を防ぎたい場合は、保湿がメインのリップクリームを選びましょう。

口紅やリップグロスは乾燥お引き起こしてしまうものも多いため、それらを使う前に必ずリップクリームで保湿をしましょう。

メイク直しの時も、リップクリームを塗ってから口紅・リップグロスを塗り直します。

リップクリームは乾燥から守り、唇が荒れるのを防いでくれるもの。

荒れた唇を治癒させるためのアイテムではありませんので荒れる前に日々ケアを行っていきましょう。

「薬用」と書いてあるものは唇をケアをする上で有効な成分が入っていることを示すため、積極的に選ぶと良いですよ。

クレンジングは優しく

クレンジングをする時、ゴシゴシ擦っていませんか?

それでは唇にダメージを与えるだけですし、唇のシワに入り込んだ口紅が中々落とせません。

口紅を落とす際はしっかりとメイクとクレンジングを馴染ませてから行いましょう。

メイクとクレンジングを馴染ませる事によって、メイクが浮いてくれるのでシワに入り込んだメイクもスルっと擦らずに落とす事が出来ます。

クレンジングを行った後は、リップクリームで保湿することを忘れずに!

間違ったリップケア

 

くちびるガサガサ

唇の皮膚は弱く、そのため乾燥したり荒れたりしやすいパーツ。

その荒れを加速させてしまう、間違ったリップケアがあるんです。

知らず知らずのうちにやってしまっているかもしれません…

リップクリームを横に塗る

大抵の人はリップクリームを横に塗っていますよね。

しかし、実はその塗り方は間違っていたんです!!

唇をよく見ると、縦に線が入っていますよね。

リップを横に塗るとそのシワを強く摩擦して深くなってしまう可能性があります。

リップクリームは縦方向に塗るのが正解です。

縦方向に動かすことで、縦じわの中にもしっかりと入り込んで、ケア効果がアップします。

グリグリと往復させる必要は無く、1回で大丈夫です。

こまめにリップクリームを塗る

1日に10回以上塗り直してるかも…という人は要注意。

リップクリームは塗れば塗るほど良いというわけではありません。

1日に6回以上塗るのは、明らかに塗り過ぎ。

唇をケアすることとはいえ、皮膚の摩擦になってしまうので、1日に何度も塗るのはかえって逆効果です。

リップクリームを塗るのは1日3~5回でOK。

ベストタイミングは、「朝の洗顔後」「食事の歯磨き後」「お風呂上り」。

どれも唇の油分が取れて唇が乾燥しやすいタイミングなので、リップクリームで保湿しましょう。

硬いリップをそのまま塗る

硬いリップクリームをそのまま塗っていませんか?

特に寒い季節はリップクリームが冷たく硬くなってしまいます。

そうすると唇へのノリが悪くなるので、無意識に力が強くなってしまいます。

乾燥した唇を強く擦ってしまい、皮膚へのダメージになるのです。

リップが冷たく硬い時は、手で温めたり、ボトムスのポケットに入れたりして、少し軟らかくなった状態で唇に塗ると摩擦が減って唇にも優しくなります。

寝る前のリップクリーム

寝る前にリップクリームを塗っている方はいませんか?

睡眠時の肌の再生機能を妨げてしまう可能性もあるようです。

寝る前はしっかりと唇のクレンジングをして、リップクリームではなくワセリンを塗って寝ると良いでしょう。

唇が荒れてしまった時の正しいリップケア

 

うるおいリップ

見た目も苦しいカサカサ唇…、一刻も早く回復させたいですよね。

ぷるぷるリップを取り戻すために、毎日でも出来るスペシャルリップケアを3つご紹介します。

ハチミツパック

 

はちみつ

毎日出来ちゃうスペシャルリップケアです。

おやすみ前のお手入れに取り入れてみてはいかがでしょうか?

【ハチミツパックのやり方】

  1. ハチミツとワセリンを1:1の割合で混ぜる
  2. 唇にたっぷり塗る
  3. 唇の大きさに合わせたラップを付ける
  4. 5~10分置いたらラップを剥して拭き取ったら終了

・ハチミツパックのポイント

  • 必ず唇が清潔な状態で行ってください。夜、寝る前またはお風呂後がおすすめです。
  • 時間に余裕のある方は、パックをする前に蒸しタオルを1分程当てて唇を柔らかくしておくと、ハチミツが浸透しやすくなるのでおすすめです。

リップクリームパック

リップメイクのノリを良くすることが期待できるので、毎朝やるのがおすすめです。

メイクしながら出来るので、忙しい方でもチャレンジしやすいですよ。

【リップクリームパックのやり方】

  1. リップクリーム(またはワセリン)を多めに塗る
  2. 唇の大きさに切ったラップを付ける
  3. ラップをしながら他のメイクをする
  4. 最後にラップを取ってリップメイクをする

リップスクラブ

乾燥して硬くなってしまう唇の原因は、古い角質にある場合もあります。

古い角質がオフされると、ふっくらもちもちの唇に。

カサカサになってしまった唇に必要なのは、まずは根本的な唇のケア。

リップスクラブでのケアもおすすめです。

まとめ

 

リップ

いかがでしたか?

唇が荒れる原因は様々ですが、まさかいつもやっていたリップケアが逆効果になっていたなんて…と思った方も多いと思います。

デリケートになりやすい唇が荒れている原因を理解して、保湿のお手入れや生活習慣を整えてみてくださいね。

 

リップティントに関してはこちらの記事を参考にしてみてください。

本当に落ちない口紅が欲しい!ティントじゃないのに色持ち抜群のリップは?

>NOTOMANIA8(ノトマニア8) メンズオールインワン美容液

NOTOMANIA8(ノトマニア8) メンズオールインワン美容液

辛口批評で有名な本格検証雑誌「MONOQLO」で
2019ベストバイオブザイヤー受賞!!
計375時間にわたる専門家による成分や保湿力の検証を経て
圧倒的1位に輝く!!
男性肌の特徴・生活習慣による肌ダメージを徹底的に研究し
【使用感・原料・容器】
すべてにこだわりぬいた結果
たどり着いた答えがNOTOMANIA8(ノトマニア8)
プラセンタ・EGF・FGFなど40種類以上の保湿美容液成分を
たっぷりと配合する事により、男性肌に必要不可欠な
【保湿・ハリツヤ補給・整肌・エイジングケア】
これらを1本で全てカバー!!
濃密な成分がたっぷりと入った保湿美容液なのに
付け心地の良いサラサラの使用感で
ベタつかずにしっとり長持ち!

CTR IMG