シミ 男

【男の顔のシミを消す方法!!】実は以外と多い!顔のシミに悩む男達

「顔のシミが気になってしょうがない、、、」

こんな風に思ったことはありませんか?

男だから顔のシミなんて気にしなくても大丈夫!という時代は終わりを告げました。

今の時代、男でもスキンケアは当たり前。

顔のシミを消したいと悩む男性が実は大勢いるのです。

しかし、女性に比べてスキンケア歴が短い男性は、知識が乏しく、特に顔のシミに対しての対処法が分からないというのが現状だと思います。

そんな顔のシミで悩む男性の為に、今回は「顔のシミを消す方法」について分かりやすくご紹介したいと思います。

シミのケアは早く始めれば始めるほど良いので、この記事を読んだら出来るだけすぐにケアを始めるようにしましょう。

シミとは?

 

顔のシミ

人間の肌や毛髪、瞳の色を構成する色素のことを、メラニン色素といいます。

皮膚に「黒褐色のメラニン色素」が多く含まれていると、肌は黒く見えます。

そのメラニン色素が局所的に過剰に作られてしまうことで、肌にシミが出来るのです。

また、メラニン色素には紫外線から皮膚の細胞を守るという働きがあります。

そのため、紫外線を浴びると皮膚を守るためにメラニン色素が生成されてしまうのです。

シミのできるメカニズム

 

紫外線

肌の一番外側にある表皮の奥底に、シミの原因となるメラニンを作り出す「メラノサイト」というものがあります。

紫外線を浴びると、このメラノサイトが肌を守る為にメラニンを作り始めます。

そして過剰に作られたメラニンが表皮の細胞に押し出されることで、皮膚は黒くなっていきます。

シミ仕組み

出典:第一三共ヘルスケア

通常は28日周期で肌が生まれ変わる「ターンオーバー」によって、垢と一緒にメラニンを含んだ細胞も剥がれ落ちるため、肌の色は元に戻ります。

しかし、何らかの理由によって排出されるべきメラニンが肌の中にとどまってしまうと、シミとなってしまうのです

シミのできる原因

 

メラニン

ターンオーバーが正常に行われていない

メラニンは紫外線から肌を守る役割があり、肌に入ってきた紫外線を吸収することで、肌に炎症が起こらないようにしてくれます。

通常は、メラニンも肌のターンオーバー(肌の再生)で排出されるのですが、加齢などでターンオーバーが遅くなっている、または止まっていることなどが原因で、メラニン色素が排出されなかった場合、シミとして肌に残ってしまうのです。

長時間にわたって紫外線を浴び続けた

外出時、特に日差しが強い場所で日焼け止めを塗らずに長時間紫外線を浴びてしまうと、紫外線から肌を守るためにメラニン色素が過剰に作られてしまいます。

過剰に作られたメラニン色素は、ターンオーバーで剥がれ落ちる前に「色素沈着」してしまい、シミとなってしまうのです。

また、日焼け止めを塗る習慣の無い人は、年齢と共に現れる「潜在シミ」が肌の奥に出来ている場合があります。

炎症が起きたり肌に強い刺激を与えてしまった

メラニンは肌を守るために出来るので、肌が炎症を起こしてしまった場合や、強い刺激が加わった時にもメラニンが生成されます。

このような炎症や刺激が起こると、肌にダメージが加わり、ターンオーバーが正常に行われなくなる場合があります。

そうすると、メラニン色素が排出されずシミになって肌に残ってしまうのです。

男性の方がシミが出来やすい理由

 

男性 日焼け

シミはメラニンが肌から排出されなかったことによって起こります。

紫外線や炎症、刺激などが原因でメラニンが生成され、皮膚の表面に押し出された後にターンオーバーで排出されなければ、肌にシミとして残ってしまいます。

男性は毎日髭剃りの刺激に晒されおり、また、スキンケアやUV対策をしていない人がほとんどのため、肌が乾燥しており、バリア機能が低下した状態だと考えられます。

肌が乾燥してバリア機能が低下すると炎症がおきやすく、ターンオーバーも正常に行われないため、シミが出来やすいと言われています。

そのため、男性の肌は女性よりもシミになりやすいのです。

 

あわせて読みたい

毎日きちんと日焼け対策をして外出したはずなのに、気が付くと肌が焼けている…。一体なぜなのでしょうか?紫外線は私達が思っている以上に手強い相手です。一時も油断をしてはいけません!絶対に日焼けをしたくないのならば[…]

紫外線

 

夏場だけでなく秋・冬のケアも大切

 

秋 冬

夏の間に受けた紫外線ダメージによって乾燥してしまった肌は、バリア機能が弱まり、刺激を感じやすい状態になっています。

その乾燥を放置しておくと炎症を起こしやすくなり、炎症によってシミ誘導因子が増加することからシミが出来やすくなると言われています。

秋・冬の季節は夏と比べて紫外線量が多くないため、シミのケアを怠りがちですが、夏場に受けたダメージを回復させるためにしっかりとスキンケアを行いましょう。

 

あわせて読みたい

あなたの肌はキレイですか?年齢より若いと言われますか??最近では男性でもスキンケアを行って、肌をキレイに保つことは常識です。逆にスキンケアを行わなければ、周りに差をつけられ、老けて見られることが多くなるかもしれません[…]

男 スキンケア

 

シミを消す方法

 

シミケア

出来てしまったシミを取りたい、消したいという人は「美白化粧品は選ばない方が良い」でしょう。

なぜなら、美白化粧品は基本的にこれから出来るシミに対しての予防を行うものだからです。

美白化粧品を使うことで日焼けによるシミを出来にくくしたり、これ以上増えにくくしてくれる効果があります。

通常であれば、メラニン色素は肌のターンオーバーで綺麗に剥がれ落ちていくのですが、ターンオーバーが正常に行われず肌にシミとして残ってしまった場合は、強制的にターンオーバーを行うことによって、メラニンを落とす必要があります。

このように強制的にターンオーバーを行い、肌を整えてくれるアイテムが「シミ取りクリーム」や「ピーリング化粧品」なのです。

この2つを使うと、古い角質が取れて肌が柔らかくなり、肌への美容液浸透率も高くすることが出来ます。

そのため「シミ取りクリーム」や「ピーリング化粧品」を使用後に美白化粧品を使うと、今後のシミの予防もしながら潜在シミまでケアすることが出来るのです。

シミの種類

 

シミ種類

シミ消しクリームやピーリングで薄く出来るシミ

老人性色素斑

<原因>紫外線、加齢によるターンオーバーの乱れ、ストレスなど

炎症性色素沈着

<原因>傷跡、ニキビ跡、虫刺され後の色素沈着など

肝斑

<原因>紫外線、女性ホルモンの乱れなど

 

これら3つのシミはシミ消しクリームピーリングなどのスキンケアでシミを薄くすることが出来ます。

シミ消しクリームやピーリングでは薄く出来ないシミ

そばかす

<原因>紫外線、遺伝など

脂漏性角化症

<原因>加齢、紫外線など

花弁状色素斑

<原因>紫外線など

 

これら3つのシミを薄くするためには美容医療が必要になります。

しかし、見た目からシミの種類をハッキリと判別することは難しく、適切な対処方法が判断出来ないので、まずは「シミ消しクリーム」や「ピーリング」を試してみて、効果がみられなければ美容皮膚科に相談するようにしましょう。

 

あわせて読みたい

最近、洗顔をしても「顔のくすみ」や「ざらつき」が取れないと感じた事はありませんか?それは古い角質が肌に残ってしまっているせいかもしれません。古い角質は洗顔では落とす事が出来ず「ピーリング」という特殊な方法を必要とします。[…]

男 ピーリング

 

シミ消しアイテムの使い方

 

シミ消し

シミ消しクリーム

シミ消しクリームを使う時は

化粧水➡美容液➡乳液➡シミ消しクリーム

といった順番で使うと効果的です。

加えて、化粧水や美容液は「美白効果のあるもの」を使うことをおすすめします。

 

【おすすめのシミ消しクリーム】

メンズケシミンクリーム

メンズケシミンクリーム

出典:小林製薬

有効成分「トラネキサム酸」を配合し、男性肌のメラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぎます。

あわせて、肌あれ、あれ性、あせも、しもやけ、ひび、あかぎれ、にきびにも効果的です。

ピーリング

肌のターンオーバーが乱れると、古い角質が剥がれ落ちずに角質層に溜まってしまいます。

そうすると、角質が厚くなったり、メラニン色素が残ってしまい、シミの原因になってしまいます。

そこで、ピーリングを行い、古い角質を剥がすことでシミを薄くすることが出来ます。

美容皮膚科でプロに行ってもらうことも出来ますが、自宅でセルフで行う場合は、洗顔後にピーリング剤を直接肌に塗り、肌にダメージが加わらないように優しく擦るようにしましょう。

また、ピーリングは肌に刺激を与えてしまうので週に1、2回に留めておくようにしましょう。

 

おすすめのピーリング剤

クレンジングリサーチ ジェルピーリング b

クレンジングリサーチ ジェルピーリング b

出典:BCL

AHAと蒟蒻粒配合のジェルピーリング。

肌あたりのやわらかい蒟蒻粒配合ジェルが、お肌の古い角質・毛穴の黒ずみ・角栓を吸着して除去。

毎日の洗顔では落としきれないお肌の汚れをやさしく取り去ります。

内服薬

早くシミを消したいと思う人は「シミ消しクリーム」や「ピーリング」に加えて「内服薬」を試してみましょう。

L-システイン、トラネキサム酸、ビタミンCなど、美白成分が配合された内服薬を服用することで、効果的にシミを薄くすることが出来ます。

市販で売られているサプリメントから、美容皮膚科で処方されるものまで様々な種類があるので、不安な方は医師に相談してから服用するようにしましょう。

 

おすすめの美白サプリメント

ハイチオールCホワイティア

ハイチオールCホワイティア

出典:エスエス製薬

有効成分「L-システイン」が、シミの原因となるメラニンの生成の仕組みに働きかけ、過剰にできたメラニンの生成を抑制し、シミの原因となる黒色メラニンを無色化します。

さらに肌の代謝(ターンオーバー)を正常化し、過剰にできた黒色メラニンをスムーズに排出します。

ハイドロキノンとは?

 

ハイドロキノン

肌の漂白剤と言われているハイドロキノンは、シミやくすみの原因であるメラニン色素の生成を抑制し、メラニン色素を作り出す「メラノサイト」と呼ばれる細胞の数を減少させる働きがあります。

一般的に売られている美白化粧品に配合されている成分には、将来のシミを予防する効果しかなく、すでに出来てしまったシミに効果があるのはハイドロキノンだけだとも言われています。

ハイドロキノンは配合濃度が高ければ高いほど効果が期待出来ますが、一方で肌がヒリヒリしたり、炎症を起こして赤くなってしまう恐れもあります。

そのため、ハイドロキノンの配合濃度は2~4%のものを選び、シミの部分にのみ使用するようにしましょう。

また、ハイドロキノンは酸化しやすいため、開封後は3カ月以内に使い切る必要があります。

日本で一般的に市販されているものにはハイドロキノン2%程度配合のものしかなく、それ以上配合されているものが欲しい場合は、病院へ受診し処方してもらうようにしましょう。

ハイドロキノン使用中は、紫外線に対して抵抗力が弱くなっているため、日中は必ず日焼け止めを付けるなどの紫外線対策を行い、使用は夜のみにするなど、工夫して使用するようにしてください。

日常的に行うべきシミ対策

 

シミ対策

紫外線予防

ほとんどのシミは、紫外線の影響が原因で起こることが多いので、しっかりと紫外線を予防をしてあげることが大切です。

日焼け止めを塗ったり、帽子を被るなどの対策を行い、皮膚に達する紫外線を出来るだけ減らすことが重要です。

スキンケアでしっかりと保湿を行う

男性は女性と比べてスキンケアをしっかりと行っている人は少ないとは思いますが、日頃からしっかりとスキンケアを行い、肌の保湿をしてあげることが大切です。

肌が乾燥しているとバリア機能が低下し、紫外線の影響を受けやすくなってしまいます。

洗顔後は特に乾燥しやすいので、化粧水や乳液などで肌をしっかりと保湿しましょう。

ビタミンC、ビタミンEを摂る

シミを作らないためには、UVケアやスキンケアだけではなく、肌に良い栄養分を含んだ食事をバランスよく摂ることも大切です。

血行を促進したり、抗酸化作用のあるビタミンE、シミのもとになるメラニン色素を抑えるビタミンCは積極的に摂るようにしましょう。

ビタミンCやビタミンEを多く含む食べ物

・ビタミンC

ブロッコリー、キウイフルーツ、イチゴ、アセロラ、パセリ、柑橘類など

・ビタミンE

ナッツ類、うなぎ、アボカド、胚芽米、サケなど

まとめ

 

モテる男性

いかがでしたでしょうか?

シミは若い時は目立たないことが多く、年齢を重ねるに連れて目立つようになってきます。

特に男性の場合は、若い内に日焼けをすることが多いので、歳をとってから顔中シミだらけになったという話を良く耳にします。

今は若いし、シミなんて目立たないから大丈夫と油断をしていると、歳をとってから取り返しの付かない後悔をすることになるかもしれません。

冒頭にもお伝えしましたが、シミのケアは早く始めれば始めるほど効果的なので、今日からすぐにシミ対策を始めましょう!

>NOTOMANIA8(ノトマニア8) メンズオールインワン美容液

NOTOMANIA8(ノトマニア8) メンズオールインワン美容液

辛口批評で有名な本格検証雑誌「MONOQLO」で
2019年ベストバイオブザイヤー受賞!!
計375時間にわたる専門家による成分や保湿力の検証を経て
圧倒的1位に輝く!!
男性肌の特徴・生活習慣による肌ダメージを徹底的に研究し
【使用感・原料・容器】
すべてにこだわりぬいた結果
たどり着いた答えがNOTOMANIA8(ノトマニア8)
プラセンタ・EGF・FGFなど40種類以上の保湿美容液成分を
たっぷりと配合する事により、男性肌に必要不可欠な
【保湿・ハリツヤ補給・整肌・エイジングケア】
これらを1本で全てカバー!!
濃密な成分がたっぷりと入った保湿美容液なのに
付け心地の良いサラサラの使用感で
ベタつかずにしっとり長持ち!

CTR IMG