フェイスパック

【週末のスペシャルケア!!】フェイスパックの種類と効果的な使い方

あなたは「フェイスパック」を使ったことがありますか?

使ったことがあるという方は、どのような種類のフェイスパックを使ったか覚えていますか?

フェイスパックと言っても様々な種類があり、種類に応じて効果が変わってきます。

「どれを選んでも肌に良いことには変わりがないだろう?」

と、やみくもにフェイスパックを選ぶのではなく、自分が求める効果に最も適した種類のフェイスパックを使わなければ、逆に肌を傷めてしまうこともあるのです。

そして、そのフェイスパックの種類に応じた正しい使い方をすることによって、効果を最大限に得ることが出来るのです。

そこで今回は、フェイスパックを使いたいけど、使い方や種類についてお悩み方の為に「フェイスパックの種類と効果的な使い方」についてご紹介したいと思います。

フェイスパックの種類と効果

 

フェイスパックの種類

シートマスク

シートマスクは、顔全体に張り付けるだけで手軽にスキンケアが出来るため、あまり時間をかけずにスキンケアをしたい人におすすめです。

1枚に有効成分が配合された美容液や化粧水がたっぷりと染み込んでいるので、マスクを剥がした後は肌がプルプルになります。

また、シートが大きすぎたりフィット感があまり良くないと感じる人は、パーツごとに分かれているシートタイプがおすすめです。

クリームパック

クリームタイプのフェイスパックは、保湿に優れているので乾燥が気になる人におすすめです。

クリームやジェルなどを顔全体に塗ってパックし、しばらく時間を置いてから洗い流して使用します。

乾燥が気になる部分に重点的に伸ばしていくと効果的です。

化粧水などの液体よりも蒸発しにくく、油分も同時に補給できるのがクリームタイプの魅力です。

クレイパック

クレイパックとは、いわゆる「泥パック」のことです。

ミネラルを多く含んだ泥を使用しているのが特徴です。

クレイパックもクリームパック同様、顔全体や気になる部分に伸ばして少し時間を置いてから洗い流します。

クレイパックは女性にも人気で、エステに行ったかのような効果が期待できます。

毛穴に溜まった汚れや老廃物を吸着して落としてくれるので、オイリー肌の男性や毛穴ケアにも最適です。

ピールオフタイプ

ピールオフタイプのパックは、毛穴ケアにおすすめです。

代表的なものの1つに「毛穴パック」が挙げられます。

貼って剥がすタイプになっており、シートタイプやジェル、クリームタイプのものがあります。

ピールオフのフェイスパックは、余分な角質や毛穴の汚れを取り除くことには効果的ですが、パック後にしっかりと保湿をしてあげないと毛穴が開きっぱなしになってしまったり、肌への刺激が強いので頻繁に使用するのはやめましょう。

ナイトマスク

ナイトマスクは、夜に使用するフェイスパックです。

入浴後、清潔な肌に使用し、そのまま眠れるので洗い流したりふき取ったりする手間が省けます。

眠っている間に美容成分を肌に浸透させるので、朝起きた時に効果を実感しやすいです。

肌質から見たフェイスパックの選び方

 

肌質

乾燥肌

乾燥肌の人には、保湿力の高いフェイスパックがおすすめです。

シートタイプのフェイスパックも良いですが、油分も含むクリームタイプのフェイスパックや、寝ている間に保湿成分を浸透させるナイトマスクがおすすめです。

保湿力に優れた「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」を配合したフェイスパックを選ぶと、肌の乾燥を防ぐことが出来ます。

乾燥肌におすすめのフェイスパック

キールズ ナイト モイスチャー マスク
キールズ ナイト モイスチャー マスク

出典:キールズ

“ダブルバリア効果”で、内側からふっくらと水分の満ち足りた肌へと導きます。

洗い流さず、そのまま就寝し、眠っている間に肌に潤いを。

干ばつ地帯でも生き抜く、ユリ科の植物、ファウンテンプラントが配合で、肌に水分をとじこめて潤いで満たします。

敏感肌

敏感肌の人は、あらゆる刺激に注意を払わなければ、肌の状態を悪化させてしまう恐れがあります。

その為、刺激の強いピールオフタイプのフェイスパックは避けて、シートタイプやクリームタイプのフェイスパックを使用する事をおすすめします。

できるだけ天然成分が配合されている、肌に優しいフェイスパックを選ぶようにしましょう。

また、天然成分にアレルギーのある人は、しっかりと成分を確認してから使用するようにしましょう。

敏感肌におすすめのフェイスパック

DHC薬用ミネラルマスク
DHC 薬用ミネラルマスク

出典:DHC

ミネラル成分を豊富に含む粘土をベースに

輝くような明るい肌をサポートする[プラセンタエキス]や[ソウハクヒエキス]

しっとりやわらかな肌にアプローチする保湿成分[ローヤルゼリーエキス]

すこやかな肌に整える[アラントイン]など、肌にうれしい成分を豊富に配合。

多彩な美容保湿成分が肌をリフレッシュさせ、すこやかな美肌をキープします。

脂性肌(オイリー肌)

脂性肌の人には、コラーゲンやプラセンタが配合された肌のキメを整えてくれるクレイパックがおすすめです。

脂性肌のテカリは、実は肌が乾燥している事によって皮脂が過剰に分泌されている状態なので、乾燥を防ぐためにも保湿力の高いフェイスパックを選ぶようにしましょう。

また、肌をすっきりさせたい場合は、肌を引き締め、べたつきを抑えてくれる収れん成分の含まれるフェイスパックを使ってみましょう。

脂性肌におすすめのフェイスパック

LUSH パワーマスク

LUSH パワーマスク

出典:LUSH

ハチミツやカオリンといった、健やかなお肌作りに効果的な原材料を配合。

余分な皮脂や古い角質をすっきり落としたい方に。

清涼感をもたらすペパーミントオイルと、健やかな状態に整えるマリーゴールドオイルをブレンド。

さらに、月見草の種子とアズキ豆がスクラブとなって古い角質を取り除き、ミネラルを豊富に含むカオリンが余分な皮脂や汚れを吸着します。

年齢肌(肌老化)

加齢により「肌の老化」が気になり出してきた人には、エイジングケアに優れたフェイスパックをおすすめします。

肌が老化する原因は、一説では紫外線によるダメージが80%だとも言われています。

紫外線を浴びた肌は、肌内部のエラスチンやコラーゲンが破壊されたり、活性酸素によるダメージを受け、肌の老化を促してしまいます。

日焼け止めなどで、UVケアを行うことはもちろん。

スペシャルケアとして、保湿成分、抗酸化成分、エイジングケア成分がバランスよく含まれるフェイスパックを使用するようにしましょう。

年齢肌におすすめのフェイスパック

innisfree オーキッド エンリッチド スリーピングマスク

innisfree オーキッド エンリッチド スリーピングマスク

出典:innisfree

バイタリティあふれるオーキッドエキス配合。

寒さ厳しい真冬に咲く寒蘭から抽出した成分、Orchidelixir 2.0が気になり始めた肌の変化にアプローチ。

乾燥を防ぎ、ハリ・ツヤのある肌を叶えます。

チェジュの緑豆由来のヒアルロン酸とラベンダー油が寝ている間に肌をケア。

翌朝、十分な睡眠をとった後のような、いきいきとしたハリのある肌へ導きます。

フェイスパックの使い方

 

男性肌

フェイスパックを使う前に

フェイスパックを使う前は必ず、洗顔を行うようにしましょう。

肌や毛穴に汚れが残っている状態で使用しても成分が上手く入って行かず、効果が半減してしまいます。

しっかりと洗顔を行い、肌や毛穴の汚れを落とした状態でフェイスパックを利用するようにしましょう。

また、蒸しタオルなどで肌を温めると、毛穴が開きフェイスパックの美容成分が浸透しやすくなるのでおすすめです。

入浴中に使ってしまうと汗と一緒に成分が流れてしまうので、入浴中の使用は避けるようにしましょう。

シートマスクの使い方

シートマスクは顔全体に張り付けるだけなので、初めて使用する人でも簡単に使うことが出来ます。

肌にしっかりと密着させることがポイントです。

シートマスクの使用時間は商品によって異なりますが、大体5~15分くらいを目安に放置します。

マスクを外した後は、美容液成分を肌に浸透させるように手のひらで顔を覆い、最後に乳液等で保湿しましょう。

クリームタイプの使い方

クリームタイプのフェイスパックは保湿を目的としたパックなので、顔全体や乾燥が気になる部分に塗って伸ばしてください。

唇や目元、額の生え際は避け、髪の毛や眉毛にもつかないように注意しましょう。

クリームを塗り、伸ばすときは薄くゴシゴシと伸ばすのではなく、やや厚めにスーッと撫でるように伸ばすのがポイントです。

クリームを塗り終えたら、商品に記載されている時間を目安に放置します。

その後はクリームが残らないように、しっかりと洗い流してください。

クレイマスクの使い方

クレイマスクは、洗顔後、化粧水などでスキンケアを行う前に使うと効果的です。

まず、ヘラを使って顔全体に塗っていきます。

唇や目元、眉や髪につかないように気を付けましょう。

クレイマスクは、薄く塗ってしまうと乾きが早く、乾燥すると吸収・吸着力がなくなってしまうので3mm~5mmの厚さで塗り、伸ばしていくのが理想です。

端の方から乾き始めるので、端の方はやや厚めに塗りましょう。

商品に記載されている放置時間で時間を置き、時間が来たらヘラで取っていきます。

顔に残ったものは水でしっかりと洗い流しましょう。

クレイマスクをした後の肌は、とても乾燥しやすいので、化粧水や乳液でしっかりと保湿を行ってください。

ピールオフタイプの使い方

ピールオフのフェイスパックはペースト状のものであれば、クリームパックやクレイパック同様、唇や目元を避け、眉毛や髪に付かないようにして顔全体に塗っていきます。

乾きの遅い、頬➡額➡顎➡鼻の順に塗っていくと、乾き時間の差を少なくすることが出来ます。

もったいないと思わずにたっぷりと塗り伸ばすことで、毛穴の汚れや余分な角質を綺麗に取ることが出来ます。

手で触れて、べたつかないくらい乾いたら、額の方から下に向かってゆっくりと剥がしていってください。

剥がし残りが無いように化粧水を含ませたコットンで優しく拭き取り、その後、保湿を中心としたスキンケアを行ってください。

ナイトマスクの使い方

ナイトマスクは、夜寝る前に行うフェイスパックです。

入浴後や洗顔後、化粧水などでスキンケアを終えた後に、肌の気になる部分を中心に顔全体に塗り広げ、商品に記載されている通りに時間を置きます。

その後、肌に馴染んできたらそのまま就寝します。

翌朝、起床したらフェイスパックをしっかりと洗い流すように洗顔し、化粧水や乳液で肌を整えましょう。

フェイスパックは週に何回がベスト?

 

男性二人

フェイスパックは、肌の調子が悪い時だけや、ここぞと決めたい日の前日にだけ使用してもあまり効果を期待出来ません。

フェイスパックは1回使用するだけで、肌の状態を劇的に変化させるような即効性のあるものではなく、定期的に継続して使用することで、肌の状態を良くしていくものです。

かと言って毎日フェイスパックを使用してしまうと、強い美容液成分によって逆に肌に負担がかかってしまい、肌荒れや肌トラブルを起こしてしまう可能性があります。

目安としては、週に1~2回の使用が最も効果的だと言われています。

週末のスペシャルケアとしてフェイスパックを取り入れるようにしましょう。

まとめ

 

かっこいい男性

いかがでしたでしょうか?

フェイスパックには様々な種類がありますが、正しい使い方をすれば、通常のスキンケアでは得ることが出来ない素晴らしい効果を得ることが出来ます。

今までフェイスパックを使って効果を実感出来なかった方や、これからフェイスパックを使ってみようと考えている方は、是非この記事を参考にしてみてください!

 

その他スキンケアについては、こちらの記事を参考にしてみてください。

肌タイプ別のスキンケア方法と、洗顔後に出来るセルフ肌質チェック!

【つるんと美肌に!】ピーリングで肌のくすみやざらつきを取り除く!

>NOTOMANIA8(ノトマニア8) メンズ オールインワン 美容液

NOTOMANIA8(ノトマニア8) メンズ オールインワン 美容液

辛口批評で有名な本格検証雑誌「MONOQLO」で
2019年ベストバイオブザイヤー受賞!!
計375時間にわたる専門家による成分や保湿力の検証を経て
圧倒的1位に輝く!!
男性肌の特徴・生活習慣による肌老化を徹底的に研究し
【使用感・原料・容器】
すべてにこだわりぬいた結果
たどり着いた答えがNOTOMANIA8(ノトマニア8)
プラセンタ・EGF・FGFなど40種類以上の保湿美容液成分を
たっぷりと配合する事により、男性肌に必要不可欠な
【保湿・ハリツヤ補給・整肌・エイジングケア】
これらを1本で全てカバー!!
濃密な成分がたっぷりと入った保湿美容液なのに
付け心地の良いサラサラの使用感で
ベタつかずにしっとり長持ち!

CTR IMG