目

目から入った紫外線で肌が黒くなる!?目の日焼け対策出来てますか?

日差しが強くなるにつれて気になる日焼け。

しっかりと日焼け止めを塗っていたのに、なぜか日焼けしてしまった…という経験はありませんか?

その原因、もしかしたら「目から入った紫外線」によるものかもしれません。

肌の日焼け対策は万全でも、目の日焼けは気にしていない人は多いのではないでしょうか。

肌に直接紫外線が当たらなくても、目から入る紫外線が肌を日焼けさせてしまうのです。

今回は、目の日焼けの影響と、目の紫外線対策についてをご紹介します。

「目が日焼けすると肌も黒くなる?」紫外線の意外な危険性

 

目

日焼け対策と言うと、顔や体に日焼け止めを塗ることが始めに思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか?

肌の紫外線対策は、日焼けや皮膚疾患を防ぐためにもちろん重要ですが、実は、目に対しても同じように対策をしないと、日焼けと同じ症状を引き起こしてしまうのです。

目に入る紫外線が肌の日焼けの原因に

目の日焼けは、肌の日焼けのように目の表面が黒くなるということはありません。

目が日焼けすると、充血したり眩しさを感じたり目がヒリヒリするだけでなく、肌の日焼けの原因になるのです。

 

目に強い紫外線が入ると、脳が防御反応を示して、体内に“メラニン色素”を作るように指令を出します。

“メラニン色素”は、天然のサンスクリーンとも言われ、紫外線を吸収して脳内部に入らないようにすることで、肌をダメージから守ってくれるのですが、過剰に生成されると、シミやソバカスの原因になってしまいます。

いくら日焼け止めを塗っていても、目が無防備だと、その効果は損なわれてしまうのです。

日本人は、欧米人と比べて、目から紫外線を浴びやすい

日本人の瞳は光彩の色が濃いため、欧米人に比べて眩しさを感じにくいと言われています。

眩しいと感じていなくても、紫外線は浴びているので注意しましょう。

さらに、彫りの深くない日本人の骨格は、様々な角度から光が侵入しやすいため、紫外線の影響を受けやすいのです。

正しい「目の紫外線対策」

肌の紫外線対策といえば「日焼け止め」がありますが、目の紫外線対策はどのようにすればいいのでしょうか。

ここでは正しい目の紫外線対策をご紹介します。

サングラスを使う

 

サングラス

まず大前提として、紫外線に直接目をさらさないことが大切です。

肌とは違って日焼け止めを塗ることが出来ない目の紫外線予防には、サングラスが有効です。

UVカット率、UV浸透率

目の紫外線対策には、サングラスが効果的です。

サングラスを選ぶ際は、UVカット機能が付いているかどうかを必ず確認するようにしましょう。

また、その際に覚えておきたいのが「UVカット率」と「UV浸透率」です。

UVカット率は、文字通り「どれだけ紫外線(UV)をカットするか)」を示しています。

反対にUV浸透率は、「どれだけUVを通すか」を表したものです。

種類によって「UVカット99%」や「UV浸透率1%未満」など、表記の仕方が違うことがあるので、覚えておきましょう。

UVカットの機能には寿命があるので、年数や傷などには注意しましょう。

レンズの色の濃さ

通常サングラスは、濃い色を選びがちですよね。

サングラスは、レンズの色によって目への影響が変わります。

濃い色のサングラスをかける(視界が暗くなる)と瞳孔が開いてしまうため、目に光が入りやすくなります。

濃い色のサングラスが太陽光や紫外線を遮断してくれそうに感じますが、逆に、濃い色のサングラスは目の瞳孔を大きく開かせます。

そのため、もしUVカット率が低く、色が濃いレンズの場合は、逆にUVの目への侵入度が上がってしまいます。

逆に、UVカット率が高ければ、色が薄いレンズでもしっかりと目を守ることが出来るので、より自然な見え方の色が薄いレンズを選ぶのもおすすめです。

帽子や日傘を使う

なるべくつばの広い帽子を被ったり、日傘で日光を遮ることで、目に入る紫外線も抑える為に有効です。

目薬でケアする

角膜ダメージを修復する機能のある目薬で適切にケアすることも重要。

紫外線などによる角膜ダメージを放っておくと、炎症を悪化させたり、眼病を引き起こしたりする原因にもなります。

角膜の組織代謝を促進してダメージ修復を促す活性型ビタミンB2や、角膜に潤いを与えて保護するコンドロイチンなどの成分が含まれている目薬を使用しましょう。

目にダメージを受けたら、アフターケアが大切です。

おすすめのUVケア目薬

Visine(バイシン)UV

出典:タケダ健康サイト

「硫酸亜鉛水和物」の収れん作用により、傷ついた組織の回復を促進し、紫外線による炎症を改善に導く目薬。

「コンドロイチン硫酸エステルナトリウム」が紫外線を浴びた角膜の表面を保護してくれます。

紫外線によって起こった充血にも効果的です。

曇りの日でも紫外線に注意!

 

曇り

曇りの日も、紫外線は降り注いでいます。

薄い雲では、UVBの80%以上が透過しているので、日差しが眩しくないからといって油断は禁物です。

地面からの照り返しにも要注意

紫外線は、上からだけでなく、地面に反射した分もプラスして浴びることになります。

また、地面に反射した紫外線により、日陰にいても紫外線対策をしていなければ、日焼けをしてしまいます。

地表面の種類と紫外線の反射率

  • 新雪…80%
  • 砂浜…10~25%
  • コンクリート・アスファルト…10%
  • 水面…10~20%
  • 草地・芝生、土面…10%以下

 

日傘や帽子で上からの紫外線を防ぐのと同時に、サングラスなどで下からの紫外線も防ぐことが大切です。

日焼けだけではない、目に紫外線が入るリスクとは?

 

眼球

目に紫外線が入ると、シミやソバカスの原因になることに加え、思わぬ目のトラブルに繋がる可能性もあります。

紫外線は目の中で蓄積されるため、ドライアイや充血などの眼病の要因になることも。

さらに、紫外線は視力低下を引き起こす「白内障」「翼状片」「紫外線結膜炎」の原因となるとも考えられています。

 

白内障(はくないしょう)

眼科疾患の中でも多い病気の一つで、眼の中でレンズの役割を担う水晶体が濁って見えにくくなり、進行すると失明に至ることもあります。

白内障による失明の約20%が、紫外線によるものと考えられています。

 

翼状片(よくじょうへん)

翼状片白目の表面を覆っている半透明の膜である結膜が、目頭の方から黒目に三角形状に入り込んでくる病気です。

初期段階に「充血」「ドライアイ」などがあります。

 

【紫外線角膜炎(しがいせんかくまくえん)】

強い紫外線を浴びた時に起きる急性の角膜炎症で、紫外線の反射が強い雪面などで起きる「雪目(ゆきめ)」が代表的です。

症状は、眼球結膜(白目を覆う粘膜)の充血、異物感、流涙があり、ひどくなると強い眼痛を生じます。

大部分は24~48時間で自然治癒しますが、注意しましょう。

 

目は、交換できない臓器と言われています。

デンタルケアや食生活で歯や内臓の健康を意識するように、生涯健康でよく見える目を保つために、目の紫外線対策は非常に大切です。

まとめ

 

子供の目

せっかく日焼け止めで肌を守っていたのに、目からの紫外線で肌が日焼けしてしまった、ということが無いように、目の紫外線対策も忘れないようにしましょう。

また、目の日焼けは肌が日焼けするだけでなく、眼病の要因になることもあります。

紫外線の強さに関わらず、今回ご紹介した対策で、しっかり防ぎましょう。

 

日焼けに関してはこちらの記事も参考にしてみてください。

絶対日焼けしたくないあなた!365日「紫外線対策」出来てますか?

日焼けで黒くなった肌を最短で白くする方法!

>NOTOMANIA8(ノトマニア8) メンズオールインワン美容液

NOTOMANIA8(ノトマニア8) メンズオールインワン美容液

辛口批評で有名な本格検証雑誌「MONOQLO」で
2019年ベストバイオブザイヤー受賞!!
計375時間にわたる専門家による成分や保湿力の検証を経て
圧倒的1位に輝く!!
男性肌の特徴・生活習慣による肌ダメージを徹底的に研究し
【使用感・原料・容器】
すべてにこだわりぬいた結果
たどり着いた答えがNOTOMANIA8(ノトマニア8)
プラセンタ・EGF・FGFなど40種類以上の保湿美容液成分を
たっぷりと配合する事により、男性肌に必要不可欠な
【保湿・ハリツヤ補給・整肌・エイジングケア】
これらを1本で全てカバー!!
濃密な成分がたっぷりと入った保湿美容液なのに
付け心地の良いサラサラの使用感で
ベタつかずにしっとり長持ち!

CTR IMG