スマホの「ブルーライト」で肌老化!?実はシミやシワの原因にも…

肌の天敵として最も有害な「紫外線」。

近年では日焼け止めを、季節を問わず1年中活用されているという方も珍しくないのではないでしょうか?

特にここ数年間で「紫外線対策」「UVカット」という言葉がよく見かけられるようになりました。

肌老化の原因の約8割が紫外線であるという事実が、ここ数年間で一般的に広く知られるようになったからだと思います。

しかし、ここ数年間で同じように問題視されるようになった「ブルーライト」も「紫外線」と類似した成分であるという事実はご存知ですか?

ブルーライトは目が悪くなるというイメージですが、実は目だけでなく「肌」にも悪影響を及ぼすのです

そこで今回は、スマホやパソコンなどから発せられる「ブルーライトが肌へ及ぼす悪影響」についてご説明したいと思います。

ブルーライトとは

ブルーライト

ブルーライトとは主にスマホやパソコン、テレビやゲーム機器などの画面、LEDライト・LEDディスプレイなどから発せられる可視光線(電磁波のうち、人の目に見える波長のもの。いわゆる光)の中でも、紫外線に次ぐ強いエネルギーを持つ波長の短い青色の光のことを言います。

角膜や水晶体で吸収されずに、網膜まで到達するほどのエネルギーを持っているため、目の疲れや痛みといった直接的なダメージを与えます。

確かに、スマホの見過ぎで目が疲れたり…なんて経験はありますよね。

しかし現代において、スマホやパソコンは触らない日が無いくらい生活必需品になっています。

浴びる量や時間も増えていて、紫外線よりも防ぐことが難しい存在だと言えます。

ちなみに、ブルーライトが多いのは、スマホが断トツ

続いて、ゲーム機→パソコン→液晶テレビという順番になります。

ブルーライトで肌が老ける…!?

ブルーライトで肌老化

実はこの「ブルーライト」が、肌にもかなり悪影響を及ぼします。

ここでは、ブルーライトによる肌への悪影響についてご説明していきます。

シミ・くすみの原因に…

ブルーライトは、紫外線よりも肌の奥へと届くエネルギーが強い光で「第3の紫外線」とも呼ばれています。

スマホやパソコンを使っているだけで、知らず知らずに紫外線で肌が焼けてしまうのと同じ。

メラニン色素を発生させて色素沈着を引き起こし、紫外線と同じ様にシミやくすみの原因となってしまいます。

さらに、ブルーライトで作られたシミは、紫外線で作られたシミよりも頑固で肌に残りやすいと言われています。

紫外線であれば、とにかく日光に当たらないようにすることも出来ますが、ブルーライトは身の回りに溢れています。

昼夜を問わず24時間たえず注がれているので、防ぐのはかなり困難と言えるでしょう。

シワやたるみの原因にも…

さらに、ブルーライトはシミ・くすみだけでなく、肌を酸化させて老化を促進させる「活性酸素」の生成の原因にもなると言われています。

何より、ブルーライトは真皮より奥の深部まで到達するため、活性酸素の中でも最も強力に細胞を破壊する「一重項酸素」の産生を促すことも分かっています。

一重項酸素は、コラーゲンやエラスチンといった肌の弾力を保つのに欠かせない肌組織を破壊するだけでなく、コラーゲンの量そのものも減少させてしまいます。

ゆえに、シワやたるみなどを引き起こす原因にもなってしまうのです。

その他も様々な悪影響が…

上記の理由以外にも、ブルーライトの影響で目が疲れると質の良い睡眠がとれなくなり、肌のターンオーバーにも影響を及ぼします。

さらには目を酷使することで脳がストレスを感じ、副腎皮質刺激ホルモンを生成、これが肌のくすみの原因になってしまいます。

加えて、長時間目を酷使していると、目の周りの筋肉が固くなり、シワが出来やすくなります。

最近、肌のシワが気になるという方は、実はこのブルーライトの影響を受けているかもしれません

ブルーライトから肌を守る対策法

ブルーライトは肌だけでなく、身体に負担をかけるため、厚生労働省のガイドラインでも1時間デジタルディスプレイを使う作業をした時は、15分程度の休憩を取ることが推奨されています。

しかし、なかなかコンスタントに休憩をはさむことは難しい上に、休憩をはさめたとしても肌への負担は変わりません。

ここでは、日頃ブルーライトでダメージを受けてしまった肌への対策法をご紹介したいと思います。

ビタミンCなどが配合された化粧品を使う

ブルーライトによって発生する「活性酸素」を除去するためには、抗酸化作用の高いビタミンCビタミンEコエンザイムQ10フラーレンなどが効果的です。

特に「ビタミンC誘導体」は、抗酸化作用が高く、配合されている化粧品も多いので「ビタミンC誘導体」が配合された化粧品を使うようにしましょう。

抗酸化作用やブルーライト吸収効果があるものを食べる

抗酸化作用がある食べ物

体の中からブロックするために、アスタキサンチンを多く含む鮭。

もしくは抗酸化作用があり、ブルーライトを吸収してくれる効果がある「ルテイン」を含む

  • ほうれん草
  • ブロッコリー
  • カボチャ

などの緑黄色野菜を積極的に摂っていきましょう。

メイクで肌を守る

最近では、ブルーライトをカットするUVケアクリームが続々と登場しています。

また、BBクリームやCCクリームなどのベースメイクアイテムにも、ブルーライトから肌を守る効果が期待できるものもあります。

外出する予定などが無くても、パソコンやスマホを見るためにこれらのアイテムを使用すると、肌へのダメージを軽減できます。

 

おすすめのメイクアイテム

・naturaglace(ナチュラグラッセ)UVプロテクションベース

出典:naturaglace

 

紫外線・ブルーライト・近赤外線を強力カットしながら、潤いをキープするUV化粧下地。

100%天然由来成分なのに高い防御力。

ブルーライトカット効果はなんと97.2%!

まとめ

今回はブルーライトと肌老化の関係についてご紹介しました。

現代社会では無くてはならない存在のスマホやパソコン。

身体のために、使用時間を短くするに越したことはありませんが、なかなか難しいですよね。

ブルーライトが目に負担をかけてしまうことは多く知られていますが、紫外線と同じ様に肌にも悪影響があります。

今回ご紹介してきたことを参考に、パソコンやスマホを利用する方は「ブルーライトケア」を心がけましょう。

>NOTOMANIA8(ノトマニア8) メンズ オールインワン 美容液

NOTOMANIA8(ノトマニア8) メンズ オールインワン 美容液

辛口批評で有名な本格検証雑誌「MONOQLO」で
2019年ベストバイオブザイヤー受賞!!
計375時間にわたる専門家による成分や保湿力の検証を経て
圧倒的1位に輝く!!
男性肌の特徴・生活習慣による肌老化を徹底的に研究し
【使用感・原料・容器】
すべてにこだわりぬいた結果
たどり着いた答えがNOTOMANIA8(ノトマニア8)
プラセンタ・EGF・FGFなど40種類以上の保湿美容液成分を
たっぷりと配合する事により、男性肌に必要不可欠な
【保湿・ハリツヤ補給・整肌・エイジングケア】
これらを1本で全てカバー!!
濃密な成分がたっぷりと入った保湿美容液なのに
付け心地の良いサラサラの使用感で
ベタつかずにしっとり長持ち!

CTR IMG